マイクロスコープや顕微鏡を研究に活かす│現代テクノロジー活用術

PC

無限の可能性

作業員

顕微鏡の誕生によって、これまで手間がかかった研究もスムーズに行なえるようになりました。顕微鏡に加えて、テクノロジーの進化に伴って、3Dプリンターや3Dスキャナーも誕生しています。

色んな利用法

青いシャツを着た女性

3Dスキャナ等、立体物を製造する機器は近年でかなりの進化を遂げています。こうした機器を活用することによって、メーカー等の研究開発も円滑に行なえるようになったのです。

今後の展望

パソコン

顕微鏡のこれからの進化や、3Dスキャナ、プリンターの進化について解説していきます。まず、顕微鏡ですが、電子顕微鏡が出てきてから、ある意味このカテゴリの最終的な形になったと言えます。後は、細かい点で色んな箇所の性能が上がっていくでしょう。そして、3Dスキャナやプリンターの場合は、性能が上がっていくのは当然ですが、その規模はとても大きなものとなるでしょう。例えば、車に搭載できるくらい大きなスキャナを付けて、街中を走行すれば、街をまるごとスキャンできます。データだけでも価値がでてきそうな技術です。平面的な地図では、つい迷ってしまう人にとては、立体的なデータで地図を作ったほうが良いからです。スキャンできるものが、より大きくなっていったら色んな分野に使うことができます。勿論、プリンターと組み合わせての工業製品の製造も可能になるかもしれません。ただし、現在多くの雇用の受け皿になっている製造業との兼ね合いとなるので、導入には慎重にならざるを得ないでしょう。もっとも、技術というものは、放っておいてもどんどん発展していくものです。したがって、技術を止めるというよりは、技術の発展に合わせてゆるやかな変化をするというのが理想的な導入です。

顕微鏡は、一方でマイクロスコープとも呼ばれています。マイクロスコープは、研究開発を中心とする企業や大学のみならず、歯科でも活用されるようになっています。3Dプリンターやスキャナーも一緒に活用することによって、今後も様々なジャンルで使用されていくでしょう。

観察機器の進化

ガラス

顕微鏡は古くから研究用に使用されてきました。近年ではその顕微鏡が進化し、電子顕微鏡というのも誕生しています。従来の顕微鏡を利用するよりも性能が良いのでかなり手間が減ります。